讃岐饂飩店の王

実家2日目。

 

早く寝たので早くに起きます。

 

早起きには意味がある。

 

それはこれだ。

讃岐饂飩店の王、

 

 

「手打ちうどん 渡辺」に来るためだ!

チキショー、やっとこれたぜ…

 

Twitterとかで地元の友人とかが食べてる画像見て歯軋りしてたのでね…!

 

「手打ちうどん 渡辺」については、僕の親友の元SIBERIANなんちゃらの総帥、
メメントアモリのブログに達者な文章で紹介されています。

 

開店直後に行ったけれども即駐車場は満車、席も満席。

流石は渡辺。

天ぷらうどんか、肉うどんか、胸を掻き毟るほど悩むところだが、ここは天ぷらうどん(大)(わかめ抜き)。

 

 

そしてすぐ来るうどん。

このビジュアルよ…もはやアート。

 

この木の葉型天ぷらを箸で崩しつつ、出汁に溶かしながら食べるのだ。

半分崩して半分はそのまま派、いきなり全部崩す派など、色々食べ方があります。

 

半分崩すのは「沈没」、全部崩すのは「轟沈」と言います。
香川県に来るときは覚えておきましょう。嘘だけど。

 

太く腰のある麺…黄金色の出汁…本当に美味かったです。
この天ぷらが溶け込むとさらに美味くなるのです。
(思い出しゴクリ…)

 

Twitterに書いたんですが、ここのお弟子さんのお店は全てこの形の天ぷらで出てきます。

「手打ちうどん 渡辺」は家系ラーメンで言う所の「吉村家」みたいな感じですね。

香川県に行く機会がありましたら是非に!

 

【手打ちうどん 渡辺】

関連記事

  1. 実家へ

  2. KAGAWA BROS

  3. 実家から戻る

  4. サ道

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

SYURIKEN商品

Twitter

PAGE TOP