髪の毛一本を引きちぎるのにどれくらいの力が必要か、あなたはご存知だろうか?
引っ張り強度は一本に付き約150gと言われている。
人間の頭にはおよそ10万本もの髪の毛を有しているので、その全てをちぎろうとするなら
単純計算で約15tもの力が必要となるのである。
その耐久性と、自由に形を変えることのできる柔軟性を持つ髪の毛を文字通り武器に変えた忍び集団がいた。
”苦蛇羅”(くだら)である。

中でも一際目を引いたのが、”蠍”の文字を忌み名に与えられた彼女である。
生まれてから一度も髪を切らず、物心が付く頃からその先端に脱着可能な武器を取り付けた戦闘技術を教え込まれてきた。
身体や腰を回転させ、頭を振り乱して的確に相手に攻撃を加えていくその様子は見ているだけでも狂気であり、
まるで歌舞伎の”毛振り”を高速でやっているようだと古い文献には残されている。
彼らはそれを華武威(かむい)と呼んだ。

任務のない時は常に美男桂(びなんかつら)を原料とした古来の方法で髪をとかし、出撃の際には
等間隔で団子状にしばり、木蝋と松脂を溶かして練り合わせた鬢付け(びんつけ)油でぎっちりと固めた。
そうしたことで、たとえ先端の武器が不能になろうと長く強靭でしなやかな巨大な鞭となった髪の毛の束が
敵の身体をことごとく吹き飛ばした。

その髪の鞭ばかりに気を取られる敵の多くが、彼女の持つ暗器にはむろん気付くはずがなかった。
華武威によってバランスを崩されたところに暗器でトドメを刺さしてくる手法が彼女の本領だと気付く頃には、
その多くが自分の死体を見下ろしていた。

 

 
 
 
S M L XL
着丈 65 69 73 77
身幅 49 52 55 58
カラー
サイズ
数量
   
 
ボディ色は3色からお選びいただけます。
絵柄の関係により淡色白系のみの展開になっております。



 
 
今回はコチラ!